情報機器操作URL集

  1. 最終更新日時( )
  2. PC(パーソナルコンピュータ) Microsoft Surface Pro
    Surface User Guide:(この中のProまたはBookまたはGOなど)
    https://www.microsoft.com/surface/ja-jp/support/userguides
  3. 各先生のページ
    1. 高橋秀幸先生のページ Google Classroom クラスコード 4tsula7
    2. 板垣翔大先生のページ Google Classroom クラスコード a6b2rby
    3. 鵜川のページ Google Classroom クラスコード novyuoa
    4. 太田憲治先生のページ Google Classroom クラスコード ts2qcvk
    5. 高嶋和毅先生のページ Google Classroom クラスコード hcrpwev
    6. 中村直毅先生のページ Google Classroom クラスコード sxyxtpv
  4. ブラウザチェック
  5. この授業の目標と成績評価と出席に関する情報(初回は忙しいので2回目以降に説明)
    1. 情報モラルを理解し、自分のPCが使えるようになり、ネットの検索ができ、Wordができ、レポートを電子メール等で送れるようになること。
    2. 評価方法
      1. 平常点(出席、遅刻などの授業態度)、レポートを総合して成績を評価する。
      2. タッチタイピング5級以上となるよう努力する(6級7級ではだめ)
    3. 遅刻、欠席はしない。基本的にすべての授業に出ること。コロナ対策により、オンライン授業となったが、授業時間は厳守。
      1. 4回以上の欠席は自動的に不合格
      2. 授業開始後30分以上の遅刻は欠席として扱う。ただし、授業に参加することはかまわない。むしろ遅刻したとしても授業には出ること。このルールは90分授業で85分頃教室に現れ「遅刻」になる先輩が存在したため作られた。
      3. 授業開始後30分以内の遅刻については、2回の遅刻で1回の欠席として扱う。
        *例:3回欠席と2回遅刻(欠席1回扱い)の場合は, 3回+1回の欠席で,4回の欠席となり不合格
      4. 大学の正規の授業(実習)、忌引きなどの公欠以外は、1回の欠席としてカウントする。
        「公欠」とは
        1. 忌引き(三親等内)
        2. 学務が調整する実習、応用実習及び特別支援学校教育実習(事前事後指導の日時も含む)
          学務以外、例えば他の先生から「情報機器の操作の授業を休んで、別の授業/実習に参加せよ」と言われた場合には、その先生から情報機器の操作担当教員に連絡してもらうようにお願いする。情報機器の操作は1年生にとって大変重要な必修授業であり、こちらが負けたことないが、一応、先方の先生との話し合いをさせていただいた上で、どのように扱うか決める。たいていの場合は欠席として扱う。
        3. 公共交通機関の急な運休や大幅な遅れ(遅延証明書の提示)
        4. インフルエンザなどの学校感染症(保健管理センターが発行する診断書(病院と違い無料で発行)の提示)
        5. 公共の機関からの参加要請が大学にあったサークル活動等(当該機関から学長宛の依頼公文書の提示)
        6. 就職関係の試験日
      5. 本年は試験は行わず、出席や提出物で評価する
        試験のときに欠席した場合の特例:追試験(履修のしおりP19に記載)
        通常、怪我、病気は、欠席として扱うが、試験の日に怪我を含む病気で試験が受けられなかった場合は、 7日以内に教務課に病院の診療レシートを提示することにより、追試験を受けることができる
    4. 以下、鵜川からの助言(他の先生は言い方が違うかも知れない)
      1. 情報関係は積み上げが重要。遅刻欠席はするな。やむを得ず欠席した場合は授業内容を確認し、次の授業までに追いついておくこと。午後2時以降は情報処理センターのテックサポーターが第2演習室に居るので設定方法などについて質問できる。
      2. 欠席届は本人が持参するべき。友人に頼むな。他人の欠席届を預かって来ないで欲しい。そうしないと、欠席に関する注意を本人にすることができない。本人に欠席回数を確認することができない。
      3. 誰が欠席届を持ってきても欠席は欠席。公欠以外は考慮しない。友人に欠席届を持っていってもらうのは本人に注意ができないのでやめよう。
      4. この授業はティーチング・アシスタントが(ネットワーク経由の)目視により正しく遅刻欠席を記録している。先生によっては出席を届けるWebページを設けているので指示に従うこと。
      5. 卒業できずにやめていく先輩の多くは、1年生の時に「毎日正しい生活態度で大学の授業に出る習慣」がつかなかった学生。
  6. 授業計画
    1. 授業の注意
    2. カレンダー上には国民の休日はあり、世の中はそのように動いているかもしれないが、今年の宮城教育大学は、月曜から金曜まで、休日返上で授業を行う。
    3. 今年は補講期間は設けない(補講とは教員が学会出張等で休講になった場合にそれを補う授業のこと)
    4. 今年は試験は行わず、出席や提出物により評価する。
    5. 2020年前期授業計画(4/17日現在)
      2016

  7. シラバス授業計画(初回は忙しいので2回目以降に説明)
    以下各自のPCを使って授業を行なっている。下記計画通りには進まない可能性がある。
    1. 自分のパソコンを使えるようにする、パスワード変更、宮教Gmail、学務Portalの利用
    2. 基本操作、Microsoft Officeのインストール、プリンターのインストール、
    3. タッチタイピング、日本語入力、ブラウザの使い方、Web検索、図書館情報検索
    4. 電子メールの基礎
    5. 宮教Gmail、電子メールの設定
    6. 電子メールの使い方
    7. 正しい電子メールの書き方と送受信
    8. 中間試験
    9. Word1
    10. Word2
    11. 添付書類の送信
    12. コンピュータのハードウエア&ソフトウエア
    13. 情報セキュリティ、モラル、ネットを安全に使うには
    14. レポートの作成方法、印刷
    15. 試験

  8. 指定場所に座る、生協から購入した場合は、箱開け、全員同じ色と機種なのでシールを張ったりマジックで記名
  9. 座席からスクリーンが見えにくい/その他の不都合がある場合には、すぐにでも、授業終了後にでも申し出ること
  10. 電源起動からユーザを作成しデスクトップを出すまで(この作業で自分のPCに自分のアカウントができる)
    https://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/2A1211-4/power2desktop2020.pdf
  11. パスワードを変更し無線LANに接続するまで(この作業で自分のPCが大学のネットワークにつながる)
    https://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/2A1211-4/password-WiFi2019.pdf
  12. パスワード関係
    1. パスワード変更ページ
      https://password.miyakyo-u.ac.jp/
    2. お薦めパスワード
      https://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/password_introduction.html
  13. 学務関係連絡のメールを転送し休講情報を受け取る設定
    https://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/2A1211-4/kportal.pdf
  14. スマートフォンを無線LANに接続するまで(以下の6ページにあるQRコードを読み取るところから(前半はパスワードの説明))
    https://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/2A1211-4/PasswordChange-WiFi-SmartPhone.pdf
  15. 教科書の購入Text
    Noa出版「イチからしっかり学ぶ! Office基礎と情報モラル 」1,677円
    一般の書店では販売されていないので、宮城教育大学生協で購入すること
    後期授業「情報機器の操作」でも使用、早めに購入しないと返品されてしまうので即購入すること
  16. 自分のPC(指定機種 Microsoft Surface proを購入)で勉強する
    1. 大学(国)の運営交付金が少なくなり、皆さんが使うPCを大学で用意する余裕が無くなってしまった。約20%の国立大学が必携化を行い増加中。タブレット必携化は本学のみ。
    2. 将来タブレットを自由に使える教員の養成
      1. みやぎスタイル(教室でのタブレットの利用)
        https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kyou-kikaku/ict-ms.html
        m
        宮城県ホームページ
        より
    3. 自分で自分のPCにソフトウエアやプリンタードライバーをインストールする能力、ウイルスの危険から守る設定を行う。他人が設定した端末をユーザとしてだけ使う場合に比べ、格段にスキルがアップする。
    4. 授業のときは、PCを忘れずに持参する事。忘れて設定がされないままだと、授業内容についていけない可能性がある。
    5. 第2演習室、第3演習室、図書館2階マルチメディア室設置のデスクトップ型WindowsPCは、先輩用のもの。必携化を行っていない2年以上のために大学が旧システムに使っていた端末を買い取り、残したもの。皆さんは、できるだけ自分のPCを使用し、先輩方が支障なくPCを使えるように協力すること。
  17. e-LearningサイトMoodle。クラスによっては出席や課題を提出するために Moodleを使う
    https://moodle.miyakyo-u.ac.jp/
  18. Surface Proのヘルプ
    https://support.microsoft.com/ja-jp/hub/4295210/surface-pro-products-help
  19. タイプカバーキーボード
    k2
    1. タイプカバーの使い方(含む、画面の明るさFn+DEL/BackSpace)
      https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4023477/surface-type-cover?os=windows-10
    2. タッチパッドの使い方と設定
      https://www.microsoft.com/surface/ja-jp/support/hardware-and-drivers/touchpad-a-builtin-mouse
    3. タッチパネルでの基本的な操作と名称(by Panasonic)
      http://askpc.panasonic.co.jp/beginner/guide/ten01/1002.html
  20. 各種メール設定
    1. 宮教GmailをPCでも携帯でも両方で受信できるようにする
      1. PCのブラウザから:(あとで。GoogleChromeをインストールしてから)
        1. 宮教Gmailへのログインとメールの携帯へのメール転送方法
          https://www.ipc.miyakyo-u.ac.jp/sys2013/01GoogleApps-forword-setting/index.html
        2. 署名の設定
          https://www.ipc.miyakyo-u.ac.jp/sys2013/05signature/index.htm
      2. スマホアプリ「Gmail」にアカウント追加(かんたん)
        1. スマートフォンのWi-Fi miyakyo-up への接続と、Gmailの設定
          https://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/2A1211-4/WiFi-Gmail-SmartPhone.pdf
        2. 画面が変更されたらPCでなく、Android/iPhone iPadを選ぶとスマホ用の案内が出る
          https://support.google.com/mail/answer/8494?hl=ja
      3. スマホにアカウントを追加する(これならカレンダー/Googleドライブもスマホから利用できるようになる。)
        1. iPhone:設定>アカウントとパスワード>アカウントを追加>Googleを選ぶ
          1. ログインの画面が出るので、f9999@students.miyakyo-u.ac.jpを入力して「次へ」
          2. パスワードを入力して「次へ」
          3. 少なくとも「メール」は選んで「保存」
        2. Android:設定>アカウント>+アカウントを追加>Googleを選ぶ
          1. ログインの画面が出るので、f9999@students.miyakyo-u.ac.jpを入力して「次へ」
          2. パスワードを入力して「次へ」
          3. 同意する
          4. お支払い情報の設定は「スキップ」を選んで「次へ」
          5. Googleのアイコン「G」をタップ
          6. 同期のメニューの中、少なくとも「Gmail」は同期させる
        3. 参考:大学が用意したGoogleアカウントは、一般無料のアカウントの容量15 GBに対して無制限、卒業後も生涯アカウントとして継続使用できるので、活用しよう。
          サービス名 無料 有料契約の例 その他
          DropBox  2G  1T(1200円/月) 宮教大は契約していない
          iCloud Drive  5G  2T(1300円/月) 宮教大は契約していない. iPhone Mac以外からは使いにくい
          OneDrive  5G  1T(1274円/月) 宮教大契約済み在学中1T. 卒業後は使えない
          Google Drive  15G  1T(10ドル/月) 宮教大容量無制限. 卒業後も使える. 仙台市内の学校からはアクセスができない.
      4. その他の方法、宮教Gmailに届いたメールをガラケー等に転送する
        1. 携帯(ガラケー)へのメール転送方法
          https://www.ipc.miyakyo-u.ac.jp/sys2013/01GoogleApps-forword-setting/index.html
        2. 携帯各社迷惑メール対策のページ
          宮教Gmailからの転送がうまく行かない場合、迷惑メール対策が原因と思われる。
          1. docomo 特定のメール
            https://www.google.co.jp/search?q=個別に受信したい+ドメイン
          2. au
            https://www.google.co.jp/search?q=迷惑メール+au
          3. SoftBank
            https://www.google.co.jp/search?q=個別に受信したい+ドメイン+softbank+-docomo+-au
    2. PCブラウザのmailto:リンク( )を押してGmailからメールを送る方法 。
      通常デスクトップPCの場合は、あらかじめ定められたメール用ソフトが起動される。もし左のリンクをクリックしてGmailでメール作成の画面が出ている人は、再設定する必要はない。
      1. Google Chromeの場合:
        1. mailto 拡張機能をインストールする(インストールが済んだらGoogleChromeを一旦終了すると有効になる)
          https://chrome.google.com/webstore/detail/mailto-for-gmail/dgkkmcknielgdhebimdnfahpipajcpjn
          または以下
          https://chrome.google.com/webstore/detail/mailto/gppbppehiogfokmpligejhaepeopajdf
          メニューの中からGmailを選び、画面を閉じる(Donateは、寄付のボタン)
      2. Firefoxの場合:
        ツール>オプション>プログラム
        検索ウインドウで「mail」と打つ 。出てきた「取り扱い方法」のメニューをクリックするとGmailが選択できる。
      3. Microsoft Edgeの場合:(未確認)
        http://www.kagua.biz/tool/chrome-extension/mailto-gmail-handler.html (未確認)
      4. Microsoft Internet Explorerの場合:
        Google Toolbar のインストール しか方法はありません。インストールによりmailtoリンクでGmailが立ち上がるようになる。この場合Googleツールバーが常に表示される。
    3. Thunderbird設定マニュアル
      1. 事前にGmail(GoogleChrome=Webブラウザで)の設定が必要
        1. IMAPによるアクセスを許可する Gmail設定(⚙マーク)>設定>メール転送とPOP/IMAP>IMAPアクセス:「IMAP を有効にする」のラジオボタンを選ぶ>画面の下で「変更を保存」のボタンを押す
        2. パスワード認証はoAuthを使う
        3. Thunderbirdを使えるようにするhttps://support.google.com/accounts/answer/6010255?hl=ja
          の中"Googleが云う"ところの「安全性の低いアプリ」のアクセスを「オンにする」
      2. Thunderbirdの設定
        1. アカウント追加で、f9999@students.miyakyo-u.ac.jpとパスワードを入れる。
        2. 重要:同期とディスク容量で「このアカウントのメッセージをこのコンピュータに保存する」のチェックを外す
          PCのディスク容量より、Google側の容量が大きいので、このチェックが入っているとPCのディスク容量が破綻する。
  21. ブラウザの使用法
    1. GoogleChromeのインストール
      https://support.google.com/chrome/answer/95346?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja
    2. GoogleChrome
      https://www.google.co.jp/search?q=google+chrome+入門
    3. プロキシ設定の解除(基本的に不要)
      アカウント取得などをプロキシ経由で行うと不正アクセスと思われるので、以下の方法で解除する。
      1. GoogleChrome
        設定>(一番下)詳細設定を表示...>ネットワーク>プロキシ設定の変更>「 自動構成スクリプトを使用する」のチェックを外す
      2. Firefox
        ツール>オプション>詳細>ネットワーク>接続設定
        「自動プロキシ設定スクリプト」を「プロキシを使用しない」に変更
      3. InternetExplorer
        インターネットオプション>接続>LANの設定
        「 自動構成スクリプトを使用する」のチェックを外す
    4. Firefoxのインストール
      https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/
  22. Windowsの表示で、拡張子を表示
    拡張子が隠されていると悪意のあるプログラムに気がつかない。ファイルのアイコンはWordのファイルを示しているが、実は実行形式の.exeファイルだったりして!こういう場合も、拡張子を表示しておけば大丈夫。
    1. スタート>コンピュータ(Explorer)でALTキーを押す
    2. ツール>フォルダオプション>表示>「登録されている拡張子は見せない」のチェックを外す
    3. ついでに「ファイルとフォルダの表示」で 「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選ぶ
  23. タッチタイピング
    1. この授業では、タッチタイピング(ブラインドタッチ)キーボードを見ずにタイプできる技能が、5級以上でないと落第(6級7級ではだめ)。タイピング能力の上達は、仕事の早さを通じて情報機器の苦手意識を払拭するのにも効果がある。
    2. 技能チェックはe-Typingサイトhttps://www.e-typing.ne.jp/を利用する。
    3. 学習記録(カルテ)を残すため上記サイト「会員登録」←初めての方はこちら!>「無料登録」
      1. ユーザー名:学籍番号
      2. メールアドレス:宮教Gmailのメールアドレス、
      3. ログインパスワード:大学で使っているもの、
      4. あなたの目標:5級合格、でユーザ登録する。
    4. どのアルファベットが苦手か、どれだけ上達したか、カルテを取ることでわかる。カルテに記録を残すには、ログインした状態で「腕試しレベルチェック」を行い,結果画面で「登録」を押すことで記録が残るようになる。
      https://www.e-typing.ne.jp/enquete/past.asp?id=819
    5. 模擬試験https://web.e-typing.ne.jp/mock/で5級合格圏内が合格の条件。
      5k
    6. 5級合格圏内なら4級を!更にその上を目指す。過去5年で特級が1名。
  24. Google日本語入力(Web 検索に用いられる多様な語が源、Google検索と同じく'もしかして'機能を持つGoogle製日本語入力)
    https://www.google.co.jp/ime/
  25. 変換、無変換キー
    1. 使われていない現状 http://magazinesummit.jp/life/281268160203
    2. 「英数」「かな」風に使う https://pcmanabu.com/windows10-ime/
    3. その他
  26. Microsoft Officeのダウンロードとインストール
    1. 生協のPCは、Officeがプリインストールされているので、ダウンロードのは必要ない
    2. 一般量販店で購入したPCにはライセンス済みのOfficeが入っている場合がある。スタートメニューの右「検索ウインドウ」で"w"と打つとWordが表示されていればインストールされている。その場合、これから行う以下の方法を行うとライセンスが上書きされ卒業後に使えなくなる可能性があるので、現在のOfficeのライセンスを調べるておく。調べる方法は以下
      https://www.microsoft.com/ja-jp/office/homeuse/confirmation-office.aspx
    3. ダウンロードする場合、Office365に自分のメールアドレス(f9999@students.miyakyo-u.ac.jp)でログインしてダウンロードができる
      https://login.microsoftonline.com/
      に自分のメールアドレス/パスワードでログイン
    4. Microsoft Edgeで、Office365のダウンロードが見えない場合、Microsoft Edge>詳細(右上 [・・・])>新しいInPrivateウインドウを開き、そこで、https://login.microsoftonline.com/に接続すると、Office365のダウンロードが表示される(InPrivateではなんらかの接続履歴(=キャッシュ)を消した状態で接続するため)
    5. ライセンス方法は以下
      https://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/2A1211-4/OfficeLicenseSSO.pdf
    6. 大学が用意したマイクロソフトアカウントで在学中はPC5台/スマホ5台に自由にインストールできる。すでに自分のPCにOfficeが入っている人も別のPCやスマホに本学のメールアドレスとパスワードでダウンロード可能。
  27. Windows Update
    1. Windowsの更新は、車のリコールと同じで不具合があるところを直してくれるもので大変重要。
      ウイルスは弱点をついてくる。弱点を無くしておけば、ウイルスのつけ入るところもない。この意味でウイルス対策ソフトよりも重要なWindowsの更新は必ず適用しよう。
    2. スタート>設定>更新とセキュリティ>詳細オプション
      1. Windowsの更新時に他の Microsoft 製品の更新プログラムも入手しますに☑  
      2. 更新更新プログラムの提供方法を選ぶ>オフ
        ご近所の人に自分のPC入っているデータを使って更新をしてあげるという...しろものなのでオフにする
    3. 更新して欲しくない時間「アクティブ時間」を指定するには、
      スタート>設定>更新とセキュリティー>アクティブ時間の設定で意図しない時間に更新がかからないようにしよう
  28. Microsoft アカウントの取得@@
    1. 宮城教育大学は、Office365を契約しておりMicrosoftアカウントでできることと同様のことがほぼ実現できている。ただ、Microsoftアカウントでなければできないこともある。例えば、Cortanaを使う、OneNoteを使うなど。ここは個人として、Microsoftアカウントを取得して、利用していこう。
    2. Microsoft アカウントを取得しておくと、OneDriveというクラウド(=ネットワーク)上に存在する保存領域が使えるようになる。ここにファイルなどを保存すると万が一PCがなくなった場合にも他のPCからアクセスができる。
    3. Microsoftアカウントは、
      1. 既存のメールアドレスを使う方法と、
      2. 新しくメールアドレスを作成して使う方法の2種類あるが、
      皆さんが持つ、既存のメールアドレス f9999@students.miyakyo-u.ac.jpは、すでに、Office365として利用されているため、Microsoftアカウントとしては使えない。
    4. そのため、以下のページで「無料アカウントを作成」のボタン、新しくメールアドレス f9999@outlook.jp を作成してMicrosoftアカウントを取得する。同時に大勢で実行するとエラーになるので、10 人単位でトライしよう。
      https://outlook.live.com/owa/
    5. 取得時、連絡先電話番号には、スマートフォンの電話番号を入力。本人の確認時には、SMS(docomo/au/Softbankのキャリアの電話番号で受け取れるショートメッセージサービス)に確認番号が届く。連絡用電子メールには自分の f9999@students.miyakyo-u.ac.jp を入力する。
  29. 大学で印刷するときに使う生協プリンター
    1. 生協は学内の以下の場所にプリンターとしても使えるコピー機を設置しています。@@
      設置個所 機種 IPアドレス その他特徴
      3号館1階 第3演習室 DocuCentre-V 4070 CP 160.28.68.151  
      情報処理センター1階 ロビー DocuCentre-V 4070 CP 160.28.62.154  
      萩朋(しゅうほう)会館 2階ホール西奥 DocuCentre-V 4070 CP 160.28.62.152 B5用紙対応可
      図書館2階マルチメディア室前 DocuCentre-VI C3370 P 160.28.62.151 カラー印刷可, 現金支払い可
      情報処理センター2階 第2演習室 ApeosPort-VI C4471 PFS 160.28.66.151 カラー印刷可,スキャナーとしての利用可
    2. 自分のPCから印刷するためのマニュアルは、情報処理センターの以下ページにある
      https://ipc2.miyakyo-u.ac.jp/wp/?p=1320
      設定の最後にプリンターの共有をするかと問われるが、共有しないで終了
    3. 印刷方法
      1. PCで印刷操作の後、プリンターに行って、自分の印刷物を探し選択後、生協のプリペイドカード(通称ミールカード)で支払う
      2. 印刷物選択時にはファイル名が表示されるので、先頭に学籍番号をつけることで、自分の印刷物かどうかを判断できる
      3. 印刷物選択時に自分のIDを表示させる方法@@
        https://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/2A1211-4/PrinterF9999.pdf
      4. 料金、A4、白黒1枚10円、カラー1枚50円
      5. 図書館2階は、現金の支払いも可能
      6. カラー料金にならないための注意
        Wordなどで文書内にURL http://www と書き改行するとURLが意図せずカラーになる。このまま印刷すると意図せずカラー料金が請求されるので注意が必要
      7. 印刷操作から8時間後、印刷されないものは消去される
    4. Mac OS X プリント時の注意事項
      プリント時に、プリンタを変更してもカラーモード(カラー、白黒)が変更されないことがあります。この場合には、以下を確認してください。
      1. プリセットで「デフォルト設定」を選択しなおしてください。
        PowerPointでは「デフォルト設定」を選択しても、カラーモードが変更されません。
      2. 「Fuji Xerox 詳細設定」のカラーモードで色が正しいかを確認してください。
    5. スマホから印刷するPriint_from_smartphone.pdf
  30. Googleドライブにファイルを置き共有する方法
    https://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/docs/ShareFilesFromGoogleDrive.html


  31. その他
    1. Webページなどのフォーム入力時には、復数選べるチェックボックス「  」と、どれか1つを選ぶともう一方が解除されるラジオボタン「 」がある