Ugawa's Page in MUE Server

(更新日時 )

  1. ここは大学で提供されているサーバ内の鵜川個人のホームページ領域です。
    このページでは、主に、本学の情報処理センターが提供しているサービスについて説明します。以下のURLのうちstudentsで始まっているものは、宮城教育大学内からでないとアクセスできません。ごめんなさい。
  2. ホームページ関係
    1. 鵜川による授業のページ
      http://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/
    2. 青葉山の情報処理センターにメールアドレスを持つ教職員が個人で管理するホームページをこのページのように公開することができます。このページ
      http://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/

      具体的には、UNIXにログインしたとき、global_htmlというフォルダーにファイルを置くと、それがこのページになります。
    3. この他に、学内のみに限定して公開が可能な、public_htmlというフォルダーも存在します。
      1. これは、 http://students.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/ として見えます。
      2. 学生の皆様はGoogleDriveを使い、URLを知る者への共有をすることで、コンテンツを公開することができます。GoogleDrive
    4. 学内の講座、研究グループなど、複数人で管理するホームページを持ちたい場合は、自前のUNIXサーバで作業するよりも、セキュリティ対策、管理を情報処理センターが行っているWebホスティングサービスの利用をご検討ください。
      http://www.ipc.miyakyo-u.ac.jp/web-appli/index.html
    5. ホームページ領域へのファイル転送はWinSCPをお使いください。学外からも接続できます。
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/docs/WinSCP/winscp.html
  3. パスワードの変更
    メール等で使用するUNIXのパスワードをブラウザで変更できます。
    http://password.miyakyo-u.ac.jp/
  4. パソコン関係
    1. 教職員の方がパソコンを購入したら以下でIPアドレスを取得してください。
      http://www.ipc.miyakyo-u.ac.jp/request/wwwip.html
    2. セキュリティ対策。WindowsUpdateウイルス対策など、必ずやっておくべきことが書いてあります。
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/docs/AntiVirus.html
    3. Web閲覧時の注意、こちらから情報を送る時の注意です。
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/First_Security_Warning/
  5. メール 関係
    1. メール全般の設定、注意は、学生向けに書いた以下を参照ください。
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/2A1211-4/mail.html
    2. WebMailの利用の勧め
      友達のパソコンでちょこっと「自分@大学宛」のメールを読みたいときは、ブラウザさえあれば見ることができるWebMailをどうぞ。
      1. 本学の職員向けWebMail。すぐに使い始めることができます。 携帯からも利用できます。
        http://imp.miyakyo-u.ac.jp/
      2. Googleが提供している無料のWebMail,Gmailはいかが?容量はGoogleDriveを含めて約30Gbyte使えて、自分宛のメールに対してGoogleSearchできます。大学卒業後、学籍番号宛のメールは使えなくなりますが、Gmailは卒業後も使い続けることができます。
        http://mail.google.com/mail/
        Fromを普段使っているstudentsアドレスそのままで、GoogleMailを使う方法のマニュアル:
        http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/Center/gmailsetup.html
    3. メール転送
      上記、本学のWebMail、http://imp.miyakyo-u.ac.jp/ にログイン、ツールのタブを押し、転送 を選んでください。 携帯へ転送する場合に、添付メールを除いて転送することができます。迷惑メールまで転送されるのは困る、という場合は、以下の「迷惑メールを排除する。迷惑メールは携帯には転送したくない。」で設定をしてください。
    4. パソコン用のメールソフトはのお薦めは、無料で、迷惑メールを賢く学習するThunderbirdです!
      1. Thunderbirdは無料で使えるソフトなのに学習させる操作が簡単、しかも賢い。Windows,Mac,Unixで動きます。Webメールでは難しい複数のメールアドレスを自在に管理できます。
      2. 情報処理センターの迷惑メール対策との併用も可能。独立した2つの迷惑メール判断によるダブルチェックができ、誤判断による正常メールを救い出し、憎き迷惑メールを効率よく学習させることができます。
        http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/Center/antispam_mozilla/
      3. ウイルスは、世の中で最も多く普及している、Windows InternetExplorer,Outlook, OutlookExpressを使っている人々を対象に開発されます。どうしてもWindowsを使う必要があるとして、このうち、メールソフトだけでも、Thunderbirdを使うことで、ウイルスの飛んでくるタマスジを避け、肩すかしで対抗ができます。
      4. 情報処理センターのIMAPサーバを利用して迷惑メールを学習させることができます。
        http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/Center/antispam.html
    5. 迷惑メールを排除する。迷惑メールは携帯には転送したくない。
      迷惑メールの自動削除機能を持ち、かつ、大学宛のメールを携帯や自宅プロバイダーに転送することができます。2008年9月にversion9となり、個人で迷惑メールを学習させることができるシステムへと変更になりました。
      http://students.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/saform.cgi
      設定方法と学習のさせ方については以下に情報があります。
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/Center/antispam.html
    6. 迷惑メール対策として携帯電話のようにメールアドレスを変更できるページ。
      http://students.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/mailaddr.cgi
      d1234@students.miyakyo-u.ac.jp→kokohaeraberu.d1234@students.miyakyo-u.ac.jp
      のように「kokohaeraberu」の部分を自由に変更することができます。旧アドレスにきた場合は、エラーメッセージが帰りますが、エラーメッセージよく見ると新しいアドレスへ誘導してくれるので、悪意を持って迷惑メールを送信する業者以外には実害が出ないようになっています。また、学内からのメールはそのまま受け取りますので、学内のメールリストに参加している場合は何の問題もありません。
      設定変更は深夜午前2時に行われますので、翌朝から適用になります。
    7. メールリスト (1通のメールを送るとリストにあるみんなにメールを送ることができるメールリスト)
      1. 教職員が仕事で使うメールリストを作成したい場合、お申し込みはこちらです。
        http://www.ipc.miyakyo-u.ac.jp/request/ML.html
      2. 個人や学生が使えるメールリストとしてはGoogleGroupsがお薦め。
        Googleグループを使ったメールリストの運営 方法のマニュアルです。
        http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/Center/GoogleGroupML.html
  6. その他。以下は鵜川の研究室で動作させているサーバ内の授業のページ
    http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/

以下に鵜川の予定の週表示、リスト表示、月表示があります。
非公開の予定が、外勤・出張を伴う場合、前後が空き時間であったとしても予定を入れられない場合があります。
空き時間といえども、授業準備、学生対応等で対応不能の場合もあります。




http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/